ブログをWPからHugoに移行した話

当ブログをサーバー移転に伴いCMSをWPからHugoに移行したので備忘録的に経緯を書こうと思います。

なぜ移行したのか

結論から書くとサーバーのリソースを節約する為です。

WordPressの場合PHPやMySQLなどのDBを利用した動的サイトなのでその分DBサーバーやPHPを動作させるメモリやCPUリソースが必要になりますが、Hugoは静的サイトジェネレーターでありそのような環境が必要ないためその分サーバーのリソースを節約できます。

また、静的サイト化する事によって動的サイトと違いユーザーがサイトにアクセスした際にサーバーサイドで処理する事がないので高速化が見込めます。

そしてセキュリティー面でも安全です。

静的サイトの場合管理画面というのがないので乗っ取られたり脆弱性を悪用されるリスクが少ないと思います。(もちろんサーバーが乗っ取られないようにする必要はありますが、これは動的サイトでも同じです。)

特に複数個サイトを管理している方はかなり負担が減るのではと思います。

どうやって移行したのか

こちらの「WordPress to Hugo Exporter」というWPのプラグインを旧サイトに導入し、zip形式で当サイトのコンテンツをHugo形式に変換して移行しました。

思ったよりも簡単でした。

デメリット

デメリットとしては管理画面がないので管理画面が欲しいという人には不便かと思います。

また、コメントフォームもデフォルトではありません。しかしDisqusなど外部のコメントフォームを埋め込めるようです。

自分はコメントフォームも特に不要だったので移行してよかったと思いました。

サーバーのリソースを節約したいと思っている人は静的サイトについても検討してみてもいいのではないかと思います。

私は当ブログでは使っていないのですが、Cloudflare Pagesであれば無料プランもあるので気軽に体験できるのでおすすめです。